ゴルフが趣味の方で、膝を痛める方も多いようです。

そこで、ゴルフでひざを痛める方の原因と対策について紹介します。

 

ゴルフで膝を痛める原因

ゴルフでひざを痛める原因として、当然ながらゴルフクラブを利用した際のスイングが主な原因となっています。

そのスイングに関連して体幹、筋肉の動きなどが絡んでくることで膝に痛みが現れるようです。

そこで、自分がどのようなスイングをしていて、何が原因なのか?考えてみましょう。

 

体幹からくる膝の痛み

体幹からくる膝の痛みとは体幹ができていないために膝に負担がかかってくることです。

これは、ゴルフクラブのスイング時に体幹が弱いために足にしっかりと踏ん張ることができない場合に起こる膝の痛みです。

ゴルフのスイングで体幹が弱い方の場合のスイングがyoutubeにアップされていたので紹介します。

こちらの動画のように体幹の筋力が弱いために膝をひねってしまうことから膝が痛くなる場合があります。

このような場合にはしっかりと体幹を鍛えて膝をひねらないようにスイングを修正していきましょう。

他の運動でもそうですが、下半身がしっかりしていないために膝へ負担がかかることは多々ある原因の一つとなります。

 

筋肉の硬直からくる膝の痛み

ゴルフはゴルフクラブをスイングをする動作がメインとなりますが、ゴルフクラブのスイング時に、身体がしっかり動いていないことで膝に負荷がかかってくる場合があります。

ゴルフの場合、ひねる運動は股関節がメインに稼動していますが、股関節の筋肉が硬いために膝へ負荷がかかる場合があります。

膝が痛いために膝周辺の筋肉が原因と思われがちですが、人間の身体はあらゆる部分が連携して動いているため、膝の場合には股関節部分の筋肉を和らげる必要があります。

そこで、整体師の方が紹介する、股関節部分の筋肉を和らげる方法動画がありましたので紹介します。

こちらの動画のように、股関節部分の筋肉が硬い事が原因で膝に負荷がかかっている場合がありますので、一度テニスボールなどで股関節部分を和らげるストレッチをしてみてはいかがでしょうか?

もしイタ気持ちよかった場合には股関節部分の筋肉が固まっている可能性があります。

膝の痛みの原因は、膝と連動する筋肉部分の不具合から起こる場合もあるようです。

 

膝の痛み対策グッズ

ゴルフからくる膝の痛みの原因は分かりましたが、ストレッチ以外で対策できる膝の痛み対策グッズを紹介します。

 

サポーターを利用して膝の痛み対策

ゴルフで膝が痛い方はサポーターを装着してみてはいかがでしょうか?

おすすめのサポーターはバンテリンの膝サポーターです。

バンテリンの膝サポーターはテーピング理論から作られた膝専用サポーターです。

そのため、膝を守るようにテーピングをしているように膝の皿を持ち上げる感覚で利用できる膝専用のサポーターです。

自分で膝にテーピングするとなると、知識と技術が必要ですが、このバンテリン膝サポーターならテーピング理論が手軽に利用できます。

 

サプリメントで曲げ伸ばし対策

ゴルフをされる方はゴルフグラブのスイング以外にも、起伏のあるゴルフ場のラウンドも膝への負担の原因となります。

ですので、サプリメントで膝の曲げ伸ばし対策をしておくことをおすすめします。

 

製薬会社のグルコサミン 大正グルコサミンパワープラス

 

バナー原稿imp