手軽な運動、ウォーキングですがひざに痛みを訴える方が増えています。

そこで、ウォーキングで膝が痛くならないように、膝が痛くなる原因と対策について調べてみました。

 

ウォーキングで膝が痛くなる原因

ウォーキングで膝が痛む原因は、歩幅を大きく歩いている方に多いようです。

ウォーキングで運動量を大きくするために、歩幅を大きくとることは良い事ですが、意識をし過ぎることで膝に負荷がかかってしまう歩き方をされる方が多いようです。

歩幅を大きくするために膝を伸ばしたまま着地をすると、着地の衝撃がそのまま膝へ負担となるため、膝が痛くなる原因となります。

膝を痛める原因となる歩き方について紹介している動画がありましたので、ご覧ください。

 

 

ウォーキングで膝が痛い場合のストレッチ方法

ウォーキングなどで膝が痛い方のために、ストレッチ方法についても調べてみました。

膝の内側と外側のストレッチ方法について紹介します。

また、高齢者の方のために、椅子を利用したストレッチ方法も紹介します。

 

膝の内側が痛い場合のストレッチ方法

膝の内側が痛い場合のストレッチ方法は、太もも周辺の筋肉をストレッチする方法です。

前と後ろの筋肉を和らげることで膝の痛みを緩和できるストレッチです。

 

膝の外側が痛い場合のストレッチ方法

膝の外側が痛い場合のストレッチ方法は、太ももの外側をストレッチする方法があります。

また、スクワットをすることで太ももの筋力をアップすることで、膝の痛みが出にくい状態にできるようです。

 

高齢者におすすめの膝の痛み対策ストレッチ

高齢者の方におすすめの膝の痛みを緩和するストレッチは、椅子があれば簡単にできるストレッチなので、手軽にできます。

 

膝が痛いときにウォーキングしても良いのか?

まず最初に、膝が痛いのにウォーキングを使用とお考えの方はこちらの動画をご覧ください。

このように、膝が痛い場合に無理をすると痛みが悪化する、もしくは正しいウォーキングフォームでないのに続けることで、膝の痛みが起こっている場合もあります。

ですので、膝が痛いときにはウォーキングはおすすめできません。

また、正しい姿勢でウォーキングする方法についてもう一度見直した方が良いかもしれません。

 

正しいウォーキング方法

ウォーキングで膝を痛めないためにも、正しいフォームで歩くことが重要です。

そこで、正しいウォーキングについて紹介している動画がありましたので、参考にご覧ください。

 

軟骨成分が足りない膝の痛み対策

年配の方でウォーキング時に膝が痛い方は、軟骨成分が不足しているかもしれません。

また、年齢とともに軟骨成分は減っていくため、まだ痛くない方も予防として軟骨成分を摂取しておいても良いかもしれません。

軟骨成分なら大正製薬のグルコサミンがおすすめです。

大正製薬グルコサミンパワープラス

大正製薬のグルコサミンパワープラスなら、軟骨成分と筋肉成分が一緒に摂取できるので、ウォーキングをする方に最適なサプリメントだと思います!

 

初回1000円 大正グルコサミンパワープラス

 

バナー原稿imp