トイレの際に膝が痛くてお悩みの方も多いようです。

そこで、膝が痛い場合の考え方と対処法について考えてみました。

和式トイレ

 

トイレで膝が痛い原因と対処法

トイレで膝が痛い原因は和式の場合が多いようです。

和式の場合、膝をしっかり折り曲げて利用するため、膝への負荷がかかります。

洋式の場合には椅子のように座っているためそれほど膝への負担は少なくて済みます。

そこで、もし和式の方で膝が痛い場合には和式を洋式のトイレにリフォームしましょう。

リフォームと言っても、お金をかけずに和式のトイレに取り付けるだけで洋式に出来るものがありますので、そちらを利用してトイレを洋式にしてみてはいかがでしょうか?

洋式にすることで膝への負担を減らすことが可能です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【即納】和式トイレを洋式に!リホームトイレ和風式の通販
価格:6665円(税込、送料別) (2017/10/31時点)

 

足の筋肉を鍛えよう

トイレの際に膝が痛い場合には、膝の節々の問題以外に足の筋力が弱っている場合があります。

ですので、散歩など軽い運動などをして足の筋肉を鍛えましょう。

もし、歩いても膝が痛い場合には無理をしてはいけません。

 

筋肉と軟骨成分サプリ

膝が痛いと軟骨成分のサプリを考えがちですが、トイレなどの時に膝が痛い場合には筋肉成分も一緒に摂取したいものです。

そこでおすすめなのが大正製薬のグルコサミンパワープラスです。

大正製薬グルコサミンパワープラス

大正製薬のグルコサミンパワープラスには、軟骨成分のグルコサミンと、筋肉成分のアンセリンを配合しています。

アンセリンは回遊魚のカツオやマグロの筋肉に多く含まれる成分です。

もちろん、大正製薬は信頼の製薬会社のグルコサミンサプリです。

また、今なら散歩に使える万歩計のプレゼントキャンペーンを実施しています。

トイレで膝の痛みに悩んでいる方は、大正製薬のグルコサミンパワープラスをチェックしてみましょう!

 

初回限定価格1000円⇒ 大正グルコサミンパワープラス

 

バナー原稿imp