ボーリングをする方の中で膝の痛みに悩む方が多いようです。

そこで、ボーリングをする方の膝を痛めないようにする投球について、対処法について調べて紹介します。

 

下半身を鍛える

まず、ボーリングで膝に痛みがある方は下半身が弱い場合が多いようです。

もし、ボーリング以外で運動をしていない方、身体が出来ていない方はジョギングなどで下半身を鍛えると良いそうです。

 

フォームの改善で膝の痛み対策

ボーリングは綺麗なフォームで投球することで安定したスコアを出すことができるスポーツです。

しかし、膝が痛くなるという事は、フォームのどこかに間違いがあり膝に負担がかかってくるという事になります。

そこで、ボーリングのフォームの改善で膝の痛み対策をしましょう!

 

スライドの見直し

まず、ボーリングでひざを痛めないために左足がしっかりとスライドできているのか?という事です。

左足がスライドできていない場合、左足にすべての体重がかかってくるため、当然ながら膝に負担がかかります。

ですので、まずはしっかりと左足をスライドして投球できるようにフォームの改善をしましょう!

 

左足の入り方に注意!

左膝を痛めないためには、左足の入り方にも注意が必要です。

左足をスライドさせる際に、左足をかかとから入るのではなく、つま先から入ることで身体が膝に負荷がかかる準備をするそうです。

もし、左足をかかとから入ってしまうと、人間の身体は膝への負荷がかかる準備ができないため、そのまま膝へ負荷がかかってしまう状態になってしまうそうです。

つまり、足の踏み込み方により、身体が膝への負担を対策できる場合とできない場合に分かれます。

これは身体の構造、機能面から膝を守るための信号を足の着地で自然と反応しているという事です。

ですので、左足を踏み込む際にはかかとからではなく、つま先側から踏み込めるようにフォームの改善をしましょう!

 

ボーリングの悩み対策参考動画

ボーリングの膝の痛み対策について詳しく紹介されている方の動画がありましたので紹介します。

また、膝のストレッチ方法なども紹介されています。

こちらの動画はボーリング専門動画ですので、ボーリングをされる方はチェックしてみましょう!

 

膝の痛みの原因と対策

 

ストレッチと下半身の鍛え方

 

サポーターを利用して膝の痛み対策

ボーリングでどうしても膝が痛い方はサポーターを装着しても良いそうです。

おすすめのサポーターはバンテリンの膝サポーターです。

バンテリンの膝サポーターはテーピングの理論から作られたサポーターです。

そのため、膝を守るようにテーピングをしているように膝の皿を持ち上げる間隔で利用できる膝専用のサポーターです。

 

サプリメントで曲げ伸ばし対策

ボーリングをされる方は綺麗なフォームであったとしても、一般の方よりは膝に負荷がかかっているはずです。

ですので、サプリメントで膝の曲げ伸ばし対策をしておくことをおすすめします。

また、年配の方でボーリングを楽しまれる方は、すぐにでも膝の曲げ伸ばし対策がおすすめです。

ちなみに、膝の曲げ伸ばしの悩みは早い方で40代から始まるそうです。

 

製薬会社のグルコサミン 大正グルコサミンパワープラス

 

バナー原稿imp